ショップ店員と出会う方法 - モテる男の心理学を応用した恋愛テクニック

>

ショップ店員と出会う方法


会話の練習をしながら女性と出会えてしまう

店員ナンパについてお話します。


あなたはショップ店員と出会うには

どうすればいいのか考えたことはありますか?

ショップ店員の連絡先をGETするには

どういう方法があるのか考えたことがありますか?


そういうことを考えながら読むと

とても勉強になると思います。




・ショップ店員に名刺を渡す

フットサルチームをやってますなどのような

プライベート名刺を作っておくと便利

紙にLINEのID、電話番号、メールアドレスなど連絡先を書いて渡す



名刺を作っておくのも一つの方法です。

私は名刺を渡さずに直接電話番号や

LINEのIDを教えてもらうことが多いです。

最近の携帯は電話番号さえ聞いておけばショートメールができるため、

メールアドレスを聞かなくても電話番号だけ聞いておけばOKですし、

LINEのIDもメールアドレスより簡単に教えてもらえます。




では場所別の店員ナンパについてお話していきましょう。


・男性服のお店の店員の場合(服を買うついでにナンパする)


まず服を色々選ぶふりをします。

そうしてるとだいたいのお店では店員さんが

店員「何を探してるんですか?」

と話かけてきます。


そこで服のことなどを色々話します。

どんな服が自分には似合うのか?

今、売れてる服はどれか?

など話します。


店員「何を探してるんですか?」

男性「ネルシャツ探してます」

店員「これなんかどうですか?」

男性「これはいまいちかな〜」

店員「じゃあ、こういうのはどうですか?」

男性「あっこういうのいいですね、ちょっと着てみてもいいですか?」

店員「いいですよ」

男性「ありがとうございます」


試着後


男性「どうですか?」

店員「お似合いです」

男性「本当ですか!じゃあ彼氏にもこういうの着てもらいたいですか?」

店員「着てもらいたいですね」

男性「てことは彼氏いるんですか?」

店員「いませんよ」

男性「じゃあ、これ買うし、番号教えてよ(笑)」


こういうやり方があります。


ただし、このやり方だと服を買わないといけません。

なので服を買いたい時、以外はお勧めできません。



次にカフェの店員のナンパについてお話します。

・カフェの店員の場合(何度も通い、仲良くなって電話番号をGETする)


カフェの店員やファーストフードの店員などの場合は

何回も通い、仲良くなって電話番号をGETするのが良いです。

何度も通うのですが、この時に

笑顔だったり、

髪型や服装がお洒落だったり

プラスの印象を与えておくことが大事です。

寝癖がついていたり、ダサい服装ではなく

ちゃんとして行くことです。

そして、毎回、挨拶+一言言うことです。


例えば

「今日もお疲れ様、いつも大変ですね」

「あれ、髪型変えたんですか?」

「今日は暇なんですか?」


この流れである程度仲良くなったら

ご飯の話などして食事に誘ったりします。




次にコンビニの店員のナンパについてお話します。


・コンビニ店員の場合


コンビニ店員の場合も

カフェの店員と同じように

何回も通う

プラス印象を与える

挨拶+一言

が重要なんですが、

もう一つ大事なのがインパクトです。

インパクトを残すことで、

あなたの存在をコンビニ店員に覚えてもらいます。

インパクトを残すには

うまい棒を大量に買う

というのがインパクトを残しやすいです。

定期的にうまい棒の大量買いをすると

インパクトを与えられます。

しかも、うまい棒なら大量に買っても

数百円程度しかお金はかかりません。


他にはコピーのやり方やチケットの買い方を教えてもらい、

覚えてもらうのも手です。

そして、何度も通い、仲良くなり、電話番号GETです。



続いて出待ちナンパのお話をします。


・デパートの従業員出入口でナンパ


デパートの従業員出入口でナンパする方法もあります。

従業員出入口から出てきた店員がどのお店の店員かわかるなら、

成功率は高くなります。


「A店で見かけてかわいいなって思ってたんだけど、

偶然見かけたから声かけたんです」

というようにどのお店の店員かちゃんとわかっていると

相手に伝えられたらポイントは高いです。


でも、必ずそうしないといけないわけではありません。




・粧品売り場



化粧品売り場でもナンパできます。


こう聞いてあなたはどう思いましたか?


ほとんどの男性は

「そんな女性ばかりの場所でナンパなんて

 めちゃくちゃ違和感あるじゃないですか」

と思うと思います。

ハッキリ言いますが、化粧品売り場のナンパは

慣れない人だとめちゃくちゃ緊張します。


化粧品売り場の雰囲気はナンパ向きではありません。


でも、女性ばかりの職場というは

男性との出会いが少ない職業なんです。

ネイリスト、エステサロン、化粧品販売・・・


このような女性相手の職業をしている女性って出会いが少ないです。


他の男性がやらないからこそ、やるということです。


化粧品売り場に行き、化粧品について美容部員(店員)に聞きましょう。


男性


「もうすぐ母の日だからプレゼントを買いにきたんですが、

お勧めとかありますか?」


などのように

女友達のプレゼントを買いに来た

妹や姉のプレゼントを買いに来た

など女性のプレゼントを買いに来たという理由を作るといいでしょう。


「彼氏にどんな化粧品もらったら嬉しいですか?」

というように店員さんに話かけ、

恋愛の話やプライベートな話をすることがコツです。

お客さんの壁をぶち破り、

恋愛話やプライベートな話ができないという人は多いです。



他にも居酒屋店員、ガールズバー、携帯ショップ店員など

普段、私が落としている店員はオールジャンルです。

これは自慢でもなんでもなく、

出会いがないと嘆いている人にこういう出会いの増やし方もある

ということを知ってもらいたかったんです。


あなたもやればできます。


応援しています。

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Copyright © モテる男の心理学を応用した恋愛テクニック All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。